--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.04

« ミニDIY »

今週末は旦那の兄弟や親戚が集まってきているので、大型DIYは小休止です。

昨日のバーベーキューは40~50人ぐらいはいたと思います。。。グリーンポイントで買ったキルバシも5秒ぐらいでなくなりました。。。

アジア人の多いご近所の中、レゲエをがんがんかけながら、おどれや、食えや、飲めやのとてもにぎやかな世界でした。。。

はいピギーは角のほうで小さくなっております~。(笑)今日はレーバーデイのウエストインディアンのパレードもあるようで、皆様はそちらにいくようです。

お掃除してたら、ペンキの缶がたくさんあるのが妙にきになり、ペンキを使ったミニDIYしました。この間のジャマイカグリーンもたくさん余っているし、どこかで使ってあげたい。。。そこで。

paintcan.jpg


この山ぐらいのが3つぐらいあります。。5年間でたまったペンキ等。。。

これは昔旦那の小銭をいれるものとして購入。いまではキッチンの引き出し1つを旦那のジャンク引き出しにしているので、いらなくなりました。

oldtray.jpg


ペイントリムーバーを縫ってスチールウールでサンディングしたあと、ペンキをぬりました。底だけにしました。乾いた後、ポリユリシンの入っているステインを適当にぬりかわくまでまつ。

1階のお手洗いの棚が寂しい状態だったのと、タオルを置く場所がほしかったので、、、


newtray.jpg


少しにぎやかになりました。まだ小物を色々おきたいのですが、ぼちぼち集めるしかないですね~。

somethingmissing.jpg


ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

スポンサーサイト

ペンキトラックバック(0)  コメント(19) 

    2006

08.22

« ラルフローレンペンキ »

好評?(かってにそう思っている??)だったので、ラルフローレンペンキについてちょっと紹介してみることにしました。

ペンキの質などではBehrペンキなどの方がレーティングが高いですが、なんといっても色がよいので、ピギーは気に入っています。Urban Loft, Vintage Masters, Island Brights, Naturals, Water Wash, Throughbredのカテゴリーにわかれていますが、ピギーはVintage Mastersが気に入っています。微妙な色合いは別の一般的なメーカーでマッチングできないときもあります。こちらではラルフローレンペンキふつうのホームセンター(Home Depot)で購入可能です。日本にも売っていると思いますがよくわかりません。

色々なペンキのFaux Techniquesもサイトで紹介されているのでご覧になってみてください。左のテクニックのところをクリックすると色々なサブカテゴリーがでてくるので。興味のあるかたはひとつづつどうぞ。

http://rlhome.polo.com/rlhome/products/paint/lifestyle.asp

以下いくつかFaux Techniquesのサンプルをのせてみました。
以下のものはGlazeをペンキにまぜ、スクイージーやスポンジ、布などを使っています。またテクスチャアペンキベース、またはメタリックペンキなどでまた違った雰囲気を得ることも可能です。Faux Paintingの世界は深くピギーもこれからもっと知りたいと思っている分野です。

Indigo Denim 

paint1.jpg


布のような質感がステキですよね。

Antique Leather

paint2.jpg


まさしくアンティークのレザーのよう。

Ragging

paint3.jpg


Glazeでうすめたセカンドコーティングようのペンキを布でふき取りながらしあげる。

Sponging

paint4.jpg


これはこの間くま姉さんもやっていましたよ~。
http://blog.livedoor.jp/diy123/

Aging

paint5.jpg


ピギーはこれがやりたい。Glazeに茶色系のペンキをすこしまぜて、既存の壁紙やペンキの上からぬれば、アンティーク調の壁のできあがり。ニスなどでもできるけどね。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ


ペンキトラックバック(0)  コメント(6) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。