--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.04

« 破壊をまぬがれたものたち »

あ~よく降る雨。外でわっと広げて作業ができない。まるで日本の梅雨状態。
ひきつづき我が家の全解体工事をまぬがれたものたちシリーズ。

まずは階段のポスト。これも結構素朴ですが、長年の垢?で良い味がでております。ディテールもくどすぎず、庶民的でよいでしょ?ただ丸い一日かけて既存のそれそれはおそろしく汚いじゅうたんを階段からはがしたのだけれど、(引っ張る作業だったので翌日腰痛になった。皆様くれぐれもやりすぎにはご注意を)あまりのぼろ具合に階段のステップはやりなおしになりそうです。10年たっても全改装はおわらなさそうですわ~。実は今日も雨どいを直したところ(雨が降ってくる寸前に完了)。古い家のケアは大変ですが、余計に愛着がわいてきます。

kaidanexist.jpg


おつぎは動かそうと思ってもびくともしない。ラジエーター。冬はここから暖かい熱がでてきます。うっかりさわるとやけどもんだけどね~。新しいお家にはもう使われてないし、古いお家の人もドライエアタイプのセントラルクーリングヒーティングにかえたりしてます。家にはそんなお金残ってなかったのと、やっぱりこのスティームラジエーター捨てきれないのです。(本当に捨てようと思ってもこればかりはおっきな男の人たち3人ぐらいかからないと動きませんよ~)ちなみにスティームはボイラーによって作られるのですが、我が家のボイラーの燃料はオイルで、家の前の庭の地下何メートルさきにオイルタンクがうまっており、オイル業者が定期的に燃料を足しにきてくれます。

radiator.jpg


ぽちっと御願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ
スポンサーサイト

古い家トラックバック(0)  コメント(11) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。