--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

07.31

« 階段完成! »

しばらく忙しくて更新できませんでした。
やっと階段完成しました~。

あのぼろ階段から、このように。満足してます。
コストもあるものを仕上げなおしたので、新しく作りなおすのよりずっと安く済んだし、このほうがキャラクターがあってよいかなと思っています。

kaidanafter.jpg


写真だとあまりわかりませんが、ライザー(けこみ板)のところとスピンドルとストリンガーのところの色は違う色です。けこみのところは本当にうすいグレーがかったベージュ、その他はもう少し濃い目の温かいグレー、踏み板はご存知の通りエボニーステインです。横の壁は唯一解体を免れた既存のスタッコの壁にけこみ板と同じ色を塗りました。白も考えたのですが、ちょっと違った感じにしたかったので少し色を加えてみました。落ち着いた良い感じになったかなあ。

昨日の夜ロングアイランドにあるホームエクスポ、ローズ、ホームデポにいってきた。こちらはホームセンターも夜の11時ぐらいとか場所によっては24時間やっていたりする。夜中にいくのが一番すいていてピギーは好き。アイデア探しにいったのですが、、、なんとディピオニシルクの裏地つきカーテンが70%オフになっていて、、材料代ぐらいの値段になっていたのでついついまだ窓も完成するまえに、、、買ってしまいました。。。。色はちょっと前に流行っていたブルー系のもの。。。黄色のアクセントのあるキッチンにはあうので丁度よかったです。カーテンて本当に高いですよね。色々な種類や方法でなんとかしないとね。。ちなみに今はほとんどホチキスどめされたシーツや地下生活の時のカーテンでなんとかプライバシーをたもっています。。。今週は窓が届く予定なのでドギーさんまた忙しくなりそうです。

curtain.jpg


ちなみにカーテンの裏はといいますと。。。(ぼろっ)

madoboro.jpg



どんどんさがっているのでついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ


スポンサーサイト

階段トラックバック(0)  コメント(13) 

    2006

07.21

« 2階の床 »

風邪を引いて今週はちょっとダウンしておりました。週末からはじめてやっと本日で2階の床張りが終わりました。土日はピギーもフルに手伝いましたが、それ以降はドギー旦那が一人でがんばりました。

2階の床のダメージは水漏れ等もあったようで完全に朽ちていたため新しい床を上から張ることにしました。また部分的にはがしてみたら、サブフロアがなかったため床の強度と安定を考えフロアリングの向きを90度かえて設置しました。

床はいつも材料購入している中華の建築材店があつまる場所で、1sqft2ドル50だった。気に入った色はなかったがまあ2ドル50なので文句いえません。アッシュ系のエボニーがまざっている床などは5ドルから6ドルもするから半額いかなのでちょっと赤みが強いですが、ブリティッシュコロニアル風でもあるし床にあわせてペンキや布などを選べばよいかなあと思っています。

道具はホームデポでフロアステープラーを借りました。1週間で150ドルぐらい。安くないけど買ったらもっと高いし、ふつうのネイラーでは強度もさがるし、うつときに気をつけていないと木の角がわれたりしちゃうので。それでもステープラーが入らない壁際などはネイラーをつかいました。コンプレッサーとネイラーはもっているものを使いました。

ネイラー

nailgan.jpg


コンプレッサーとフロアステープラー。フロアステープラーは結構重いけど使い方はいたって簡単。かなづちみたいのでたたくだけ。

compresser.jpg


あともう一息

floortochu.jpg


クローズアップ
ボロ床の雰囲気分かるかなあ?

floortochu2.jpg



2階全部の床と階段の踊り場にも同じ床を使いました。踊り場はいったん既存のものをサンディングしてステインしてみましたが、痛みがひどくキャラクターを通り越していたので、上からはっちゃいました。まだブルノーズのエッジをつけていません。もちろんペンキもまだですが、とり合えず床は終わり。

踊り場

kaidanyukatochu.jpg


この作業2日やっているだけで、次の日超蟹股になって歩いていたピギー、ひごろの運動不足が手伝ってめちゃめちゃ筋肉痛になりました。旦那は結構腰が弱いので、ピギーが床に張り付きいたをはめはかり、ならべて、だんながステープラーをたたいておりました。最後のほうは疲れて切らなくてはいけないところを測り間違えたり、はかって反対側をはつってしまったりといくつか無駄にしてしまった2匹でした。

とり合えず終わりました~。もうはだしで歩いていても足に木の破片がつきささることがなくなりました~。

次は窓だ~。あっそういえばライブドア系のブログのサイトの方たちにコメントが残せません。他分ピギーだけだとおもうけど。。。ほかのかたたちのコメントは読めるし、、、どうしてでしょうか?だれかわかったら教えてください~。

どんどんさがっているのでついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

トラックバック(0)  コメント(27) 

    2006

07.13

« 階段途中経過 »

え~っとドギー旦那が失業中?なのでお家で毎日DIYしてくれています。
NYの電工組合の決まりで市全体の仕事がスローになった場合、組合員全員が決まった同じ期間やすまなくてはいけないというきまりがあります。。。稼げないならDIYでコストセーブということで毎日我が家でお仕事してます。業者に頼んだら高いし、そういういみでは解雇といってもそんなに悪くないかも。作業は週末だけのDIYよりずっと進むもんね。よってここでのDIYご紹介はほぼ8割がたドギーオンリーDIYとなります。

本日はあの覚えていらっしゃる方もいるかもしれない、、、ボロ階段です。

まずは購入時の写真。
写真みてるだけでゲロってきそうでしょ。このじゅうたんはピギーがはがしました。次の日腰痛でしたよ~。だって何百個(おおげさ?)というステープルでとめられていたのですもの。

kaidankizon.jpg


じゅうたんはがしたあと。。。こんなの仕上げなおすの無理だよね。。(汗)

kaidankizon2.jpg


クローズアップの写真。ほらひどいでしょ。

kaidankizon3.jpg


が、、あさみさんの一言が、、、頭にこびりつき~。仕上げなおせそうセーブできそう。。。そーかあさみさんだったらやるだろな~。サンディングこんなんだと大変そ~またアレルギーになりそ~。釘の穴ありすぎ~パッチングいやじゃーなどなどの思いが横切りましたが、、、、思い切って? 挑戦!
といってもピギーはやってない。。ドギーさん挑戦(ひとごと)

まだ途中だけど見て見て!dogwoodさんちの床みたいにしたかったのだけど、ピギーのところはサンディングのあともダメージがひどすぎてパッチしたところを隠すために濃い色、エボニーステインになりました。日本の古民家みたいでわるくないじゃないですか~と思っております。ちなみにライザー(たての部分)はルアン材を切って貼り付けました。トレッド(階段のステップの部分、、、ごめんなさい建築用語を日本でならっていないので正式名わかりませ~ん)は既存のものをサンディング、パッチング、ステイン後、ポリユリシン。

kaidantochu.jpg


実は、トレッドをホームデポで買おうとしたらひとつ20ドル以上もしました。10段以上あるので、、、既存を残すことにすぐ決定されたのでした~。

でも思ったより悪くないので満足してます。多少の穴や色の違いも古いもののキャラクターとしておきましょう。

にほんブログ村 インテリアブログへ




階段トラックバック(0)  コメント(25) 

    2006

07.11

« 初の庭関連もの »

先々週末にホームデポでホーズウィールを購入。実は2度目。最初のは80ドルもして、返しにいった。今回のは35ドル。安くはないけど、まあよしとした。。。旦那ドギーがどうしてもホースが地面にほったらかしになっているのに耐えられなくなったからです。

いつもながらの適当な写真。取り付け簡単。エクステリアのあさみさんちのような壁から出ている蛇口の横につけた。(ピギーも皆さんのようにトラバやリンクしたいのだけど、いまだよくわかっていない。。。。汗)ホースも黒といきたかったが、あとかけ方も超いい加減のまま写真をとったが、、まああるもので取り合えず。。。うーんいつもいい加減。

草刈の時、ホースをどかさなくてもよくなったよ~。

hosewheel.jpg


アイロングッズ好きな皆様いかがでしょうか?

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

トラックバック(0)  コメント(10) 

    2006

07.10

« ニューヨーク »

あさみさんからバトンをいただいてめちゃめちゃ緊張しておりま~す。えっと(  )に与えられた題材をいれて答えるというやつ?うまく説明できません。下でお名前書かせていただいた方もしわからなければあさみさんのサイトをごらんになってください。

何を書いてよいのやら???気を落ち着けていつものようにだらだら書くことにいたしました。

最近おもう(ニューヨーク)

治安が15年くらい前のことを思い出すと本当によくなったと思う。タイムズスクエアのあたりなんかもほんとスリージーな感じで歩いていると、ドラッグを売ろうとしてきたり。。今はすっかりディズニーランド化しています~。大型店などもふえておりますが、昔ながらのマムアンドパップ的なお店もなくなってほしくないな~と思います。いわゆる治安があまりよくないといわれていたあたりも、全体的に犯罪率などさがっています。ジュリアーニさんやブルンバーグさんががんばったからかなあ。

この(ニューヨーク)には感動。

実はピギー9・11でトレードセンターにおりまして、命からがら崩れるビルから逃げ、ものすごい粉塵にまきこまれましたが、九死に一生を得たのでした。ピギーはラッキーでしたが、たくさんの方が命を落とされました。ファイヤーファイターの方をはじめ、すばらしいニューヨークの強さ、暖かさ、柔軟性を目の当たりにし、この街のすごさを感じています。あれからもうすぐ5年目。ニューヨークは前むきに生きてます!!!!!

(ニューヨーク)のここが好き。

人種のるつぼ最近はサラダボールといわれるニューヨーク、本当に世界中の人たちが集まってきていて、誰もがその日からニューヨーカーになれちゃう魅力があるのです。また皆人にかまっていられないというのも手伝って、何してても誰も気にもとめません。バカボン見たいな格好して歩いていようが、裸だろうが、皆おどろきません。また一見皆つめたそうですが、結構しりあうと皆味のあるひとたちばかりです。一箇所にいながら異文化、色々な人たちに出会える街なのです。そんなことが手伝って、かなり自分に正直にまた違ったものを受け入れるという柔軟性はそだったかなと思います。結構掘り下げていくと違っていたり、こんなのおかしいかなあと思っていたこととかも、案外みんな考えてたり、同じようなことで悩んでたりして、外にはきだすことによってなんでもないことに気づいてすっきりしたりしたのを覚えています。そのほかにもまだまだありま~す。色々な国のおいしいものがピンからキリまでのレベルで楽しめる。街中を歩いているだけでいろんなインスピレーションに出くわせる。美術館、劇場等お手ごろに楽しむことができる。24時間なんらかの形で楽しめる。色々な意味で才能のある人間がごろごろしている。アメリカの歴史的な建築物と生活できる。皆様もニューヨークぜひいらしてください。big apple.. anyone can take a bite out of it!です

(ニューヨーク)のここが嫌い。

人ごみにもまれ、くそ暑い夏、クーラーもきかない地下鉄のプラットフォームで芳しい尿の香りがしてくるなか、満員電車に乗り込むときとかほんとうになんでこんなところにいるのだろ~って。都会ということが手伝って皆、精一杯だし競争率激しいから、道あるいていても人はよけてくれないし~。だんだん自分のよくいえばたくましく悪く言えばルードな人間になっていく気がする~。。。

それからあさみさんのサンディエゴもそうかもしれないけど。。。物価が高い。家も高い。。。。そういういみでは子供がそだち、旦那がリタイヤしたら引っ越そうと話している。いわゆるクオリティオブライフという意味ではニューヨークはよくない。(一部のお金もち層は別として。)

この世に(ニューヨーク)がなかったら。
世界中の変わり者?たちの行き場はどこに~?ドギーとはどこであっていたのかしら~?????

バトンタッチですが、もしよろしかったら以下の方、プレッシャーを感じずにご参加ください。。(ぴぎーはものすごいプレッシャーでしたよ~。アメリカの大学にいってたころの宿題やるぐらいのエネルギーを使いました~)

ピヨローさん(DIY) 

Cafe Feel さん(ブログ)

とんこさん(輸入住宅)

dogwoodさん(バーニー君)

celloさん(古い物)

(boxizさんごめんなさい。。あさみさんとこからすでにきてましたね~うっかり~あいかわらずとてもおっちょこちょいのピギーでした~。消しときました~。)

ふゅーっ読みなおしもせずに終わりました。おそまつさまでした~。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

ニューヨークトラックバック(0)  コメント(17) 

    2006

07.09

« とりあえずお宅拝見最終 »

KK、ラムジー邸とり合えず最終です。
またこんど別のお部屋や、お庭、デッキ、今計画中の奥様のスタジオ等について紹介したいと思いますが、、、パーティのときにとってきた写真がきれましたので~。パーティを楽しんでいたら。。。肝心の写真があまりとれていなかった。。。。

え~ご夫婦のマスターバスです。あさみさんちのバスのようにご夫婦のベッドルームないにあります。大きめの家にはこういったマスターベッドルームには専用にお風呂とトイレがついています。また写真下手。皆さん写真がとても上手なのでちょっとはずかし~。

まずはシャワー。ひのきのベンチがここにも。大理石とガラスタイルのシャワーです~。シャワーは日本のように取り外し、また高さ調節もできます。

ramsymastershower.jpg


洗面もアクセントでグラスタイル、メディソンキャビネットは進行中。でもベースキャビネットもKKさんDIY。木工めちゃうまいです。几帳面!!!

ramsymastersink.jpg


最後はカラス組みの方たちのための光ものアップ写真。光ってます~。

ramsymasterglasstile.jpg


ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ



お宅拝見トラックバック(0)  コメント(7) 

    2006

07.08

« kk & Ramsy邸第4弾! »

我が家のDIYがすすまないため、よそのお宅を使わせていただいております。
実はこっそり?と階段の修復作業をしております。。覚えていらっしゃるかたもいるかもしれませんが、、そうあのステンドガラス窓のよこにあるボロ階段です。。。あともう一息なのだけどねっ。

ということで今日もラムジーさんちご紹介。2階にあるご夫婦の寝室を許可いただき撮影?(にしては写真へたすぎ!)させていただきました。

ramsybed.jpg


床はブラジリアンウオルナットです。とても暖かな色合いです。
なんとこのベッドKKさんが作りました。ウオルナッと仕上げです。いごこちのFさんが紹介していたようなフローティングナイトテーブルと大きなヘッドボードも作る予定だそうです。楽しみです。家も手伝って~。実はこの部屋のまどと天井工事にはピギー旦那ドギーも参加したのでした。ラムジー奥様がドレスを作ってくれるのと交換にドギー旦那も労働提供したのでした。まさに物々交換、ビジネスの基本ですね~。

お次はテレビが入っているエンターテインメントセンターといっても、チャイニーズアンティークのキャビネットを使用。これもピギーが洗面台ように使ったキャビネットを買ったところから購入。見たくないものは隠す!とても大切なことですよねっ。こういったことで部屋がよりすっきりみえますね。ちなみに横のトルソーは奥様の職業道具ですが、、なんだか絵になってますね~。

ramsychinesecabinet.jpg


お次はミッドセンチュリー好きにはたまらない。。あのコルビジェのシェーズラウンジです。たまりませんこの美しいフォルム。この牛柄。素敵なものはいつまでたっても素敵です。。。タイムレス。。。

ramsycorbusier.jpg


最後に1階と2階をつなぐ吹き抜け階段の壁にはチャイニーズアンティークで、どこかのお寺のフェンスだったものを飾っています。これもキャビネット同じところで購入。一緒にいきました~。こういう大きなスペースには大きなものを思い切って飾るのも効果的で~す。

ramsychinesescreen.jpg


そういえば今日KKさんとお話しましたが、ブログの話をしたらとても喜んでくれました!KKさん日本語結構話せるけど、読むのはやっぱり難しいので、コメントなど訳してあげました。。。boxizさんのコメントをきいてはりきっています。今週末、洗濯機と乾燥機取り付けるから写真送るね~だって。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ



お宅拝見トラックバック(0)  コメント(7) 

    2006

07.07

« 第3弾 »

お宅拝見!第3です。

本日は暖炉周り。ピギーの写真テクとセンスのなさのため、、、、本物はこれプラス100と考えてください。ラムジーさん、KKさんごめんなさ~い。

ramsyfireplace.jpg


この暖炉の場所はもともと小さな窓がひとつあっただけでした。それがなんと素敵なガラスタイルばりの暖炉と変身。グラスタイルは根強い人気です。ピギーもつかいたかったけど、一枚2000円近くもするので(30センチかくくらいのが)あきらめました~。でもやっぱり素敵よね~。カラス組みのかたたちにはたまらない一品です。。。写真下手すぎで遠近間がなくなっていますが、横は自然な草を編んだ壁紙です。写真ではみえませ~ん。

おつぎはその横にあるベイウィンドウここにはもちろんまどはありませんでした。奥様がつくったとても素敵なベンチは写真の下手さのためよくみえません。この横にあるソファのカバーもラムジーさんが作ったのですが、プロのできばえです。。。。ピギーも作ってもらいたいわ~。シェードもナチュラル素材で素敵でしょ。

ramsybaywindow.jpg


早く我が家もすてきになれ~とねんじている毎日でした。
ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

お宅拝見トラックバック(0)  コメント(11) 

    2006

07.06

« お宅拝見 第二 »

ラムジー&KK邸お宅拝見第2弾!

パーティの楽しさに、肝心な写真をあまり取らず帰ってきたしまったのですが、、、

1階にあるゲスト用のお風呂をご紹介したいと思います。このほかにも2階にマスターバスと子供たちようのお風呂があります。

カリフォルニアからお友達がくるのを竣工にKKさんは強行スケジュールで1階のヒノキ風呂をしあげた。 そうなのです。ヒノキ風呂です。はい、ここはアメリカです。。。KKさんはアメリカ人だけと大の日本好き、なんと小学校の時に金閣寺の写真をみて金閣寺の模型を作ってしまったぐらい。そのころは日本人の奥様ラムジーさんと出会うとは思ってもいなかったでしょう。そもそもこの2階まで作ってしまった大改装はこの1階の日本のお風呂をつくりたいと思ったところからはじまったわけです。。。よってやはりここからご紹介いたします。

まずはひのきのお風呂とその横の洗い場のお写真。

ramsyfuro.jpg


ヒノキのお風呂はなんとネットで購入されました。良い香りがただよってまいります~。最近ヒノキのお風呂なんて日本でも高いからなかなかお目にかかれませんよね。壁は御影石タイル。モダンアジアンでとてもリッチでシャープな感じです。床は丸い石のタイル、これも自然、アジアンテーストでとても素敵。扉はまだなので、仮設でシャワー用のビニールカーテン。

外にでると脱衣場があり、そこからワンステップさがるとお手洗いが、こちらも素敵です。

ramsytoilet.jpg


写真が下手でよく見えませんが、旦那様お手製のとてもモダンで素敵なウオルナットステインのキャビネットです。まだとってはついていませんが、DIYならではの残工事です。カウンターはナチュラルカラーのライムストーン系です。

これはコルクの床タイルです。とてもよい香りと足ざわり、モダンアジアンにとってもぴったりです。コルクは染めたりできないので、この模様の濃いところは焼かれてこくなっています。はだしで冬にあるいてもとてもここちよそうです。ァ~素敵。コルク床とても高いです。(汗)

ramsycork.jpg


KKさん、ラムジーさんお疲れ様でした!
楽しいパーティによんでくださってありがとう!
今度お風呂にいれてね~。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

お宅拝見トラックバック(0)  コメント(9) 

    2006

07.04

« Ramsy &KK邸 »

日曜日はNJに住むお友達のおうちにおよばれしてきました。この間もブログでちょっとのせましたが、チョコホリックでマーサ スチュワートのようにおもてなしがうまく、ピギーのウエディングドレスもつくってくれたプロのデザイナーのお友達のラムジーさん(奥様のブログ名)、自分の設計事務所をもつ建築家およびDIYの鬼?KK(旦那様のブログ名)邸にまたいってまいりました。どこからのせてよいのか、もうとにかくすごいのです。えっととりあえずはエクステリアからいかせていただきます。最初はとっても小さなランチスタイルの平屋だったのですが、、、、(写真今度もらってアップします。。。)

ある日突然。これ
きゃ~すごい~素敵~ハンプトンとかのお品のよい御家みたい~ですよね。
ごめんなさい。ある日突然ではありません。これにはKKさんの血と涙と汗のDIY、Ramsyさんの2児を育てながら、ものすごい埃の中での生活の成果です。ちなみに御家を購入されてから8年目です。業者さんも多少入っていますが、DIYがほとんどですよ~。すごいでしょ~。

ramsyexterior.jpg


写真に写っている石を積み上げて作ったプランターなどは夫婦合作ですよ。Stuさん、彼女たちもパズルノイローゼになったようですよ~。

このお宅でブログ1月以上はいけそうなのですが、ピギーはひそかにラムジーさんにブログ参加してほしいと思っております。

今回のパーティにはたくさんのお友達がきていました。今カリフォルニアからきているお友達とお子さんたちも滞在しています。

とてもにぎやかでと~ってもおいしいものばかりで、本当に楽しかった!!!
ラムジーさんは本当にマーサみたいにおもてなし上手。お料理すごいうまいし、ちょっとしたディスプレーなどもとても素敵。

次回は内装を紹介します!

あさみさん、そういえばこのうちウオルナット三昧ですよ。あっよだれでてますよ~。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

お宅拝見トラックバック(0)  コメント(11) 

    2006

07.04

« ガイアナ料理 »

先週の土曜日は旦那のお母さんとごはんを作った。ことしの3月に旦那様をなくしたばかり。まだまだ気持ちが不安定になってしまったりします。たくさんの子供達が皆サポートしていますが、こういうことは時間が一番の薬なのかもしれません。ピギーもドギーも2ブロック先にすんでいるので出きる限り顔をだしております。

そこで旦那の好物のひとつでCook Up Riceというものを教えてもらいながらつくりました。実は中々進まないのだけど、家族の料理本を作っています。孫たちやその次のジェネレーションまで受け継がれていく素朴な家庭料理ってよいと思いませんか?結婚してしまったり、あんまりお料理がすきじゃなかったりなどの理由で自分の親やおばあちゃんの料理などなつかしく思ってもつくりかたがわからなかったり、わすれちゃったりなどの理由で受け継がれなくならないように、家族みんなのレシピを集めてかいているところなのです。。。

Cook Up Rice とは日本の混ぜご飯や炊き込み御飯みたいなものにあたいすると思う。また中華でいったらチャーハン的なものかなあ。とにかく何でもいれてよいようですが、基本的なのをつくったのでちょっと紹介。

材料(う~んひとつづつの量は適当。ちなみにだんなの家族は大きいのでたくさん)
玉ねぎのみじん切り
にんにくのみじん切り
牛肉一口サイズ
ソーセージの中身
にんじんひとくちサイズ
せろり一口サイズ
タイム
緑のチックピー
黄色のチックピー
バスマティライス
ココナッツミルク

コショウ
アドボ
サラダあぶら
ペッパーソース

まず玉ねぎ、にんじんをサラダ油で大きめのなべでいため、そこににんじんセロリもいれる。牛肉とソーセージもいれ、タイムをいれていためる。塩とアドボ調味料をいれる。水分がなくなりまでいためる。あらったチックピーをくわえる。ココナッツミルクをいれる。豆が半分ぐらい煮れたら、バスマティライスを加え、カバーをし、ご飯がやわらかくなるまでたく。

できあがったら、黄色いペッパーソースをかけてたべる。これはスッパ辛いソースなのですが、まだ作りかたを教わっていません。これをちょっとまぜながら食べるととても美味しいです。

懐かしいお母さんの味かな?よくホリデーパーティの後、残りものを何でもぶちこんでつくられます。これが結構いけるのです。

ついでにぽちっとしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 インテリアブログへ

トラックバック(0)  コメント(8) 

 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。