--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

04.20

« Dan Brown »

最近はまっている本というか著者がいる。ちょっとこちらでのブームには乗り遅れた私だが、Dan Brownの本。日本でも映画公開の為人気を呼んでいるか、いたはずだ。彼の書籍の中で一番有名なのはこちらで5月19日封切り予定の映画Davinci Codeだ。これはかなり面白かった。ノンフィクションなのだが、フィクションかと思わせるスタイルで書かれた内容は多くの子供達やキリスト教信者でないものたちなどがフィクションと間違えてしまう程である。私の義理息子も読んだのだが、旦那に、それは本当の話じゃないからな!と念を押されていた。キリスト教信者の彼らにとってはコントラバーシャルなトピックである。ジャンルとしては殺人ミステリー書庫なのだが、もっぱら宗教的な論争を呼んでいる。キリストは結婚もして、子供をもうけたというのだから。彼の本はその他3冊あるのだが、現在3冊目を呼んでいる最中だ。最後にあっと驚かせるのがと得意なスタイルで、徹夜して読んでしまいたいタイプの本だ。これらの本は同僚から借りているのだが、同僚いわくAngel and Demonが一番よいらしい。これは最後の楽しみにとDeception Pointを先ず読み、現在Digital Fortressを読んでいる最中だ。ちなみにDavinci CodeとAngel and Demonはともにキリスト教が題材になっているので一緒に読むべきだと思う。もともと本を余り読まないピギーはこれを期に英語の本も日本語の本ももそっと読まないとな~と思っております。近所には結構大規模な図書館があり、日本語の書庫等もあるようなので会社帰りにでもよってみようかなと思っております。

digitalfortress.jpg


deceptionpoint.jpg


davincicode.jpg


angelsdemons.jpg


楽天ブックストップページ

映画も見てみるかな?

davincicodemovie.jpg

スポンサーサイト

ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

そう、話題なのだって、だから、職場復帰する前に読もうと思っているうちに、もう後わずかとなってしまったわ。ダヴィンチコード、超ベストセラーよ、日本でも。

のみ:2006/09/15(金) 08:36:01 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。