--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

05.23

« ドアハードウェア »

週末は一階のトイレのモールディングや、洗面台の調整、扉のとってをつけたり、ドアのペンキを塗ったり、2階のお風呂のシャワーハンドルを付けたりした。相変わらず食い散らかしているピギーです。 2階のお風呂のフィクスチャアの写真

2ndbathfixtures.jpg


本当はクロウフットタブとクロウフットタブようのシャワーにしたかったのですが、、、とっても高いので。 さて本日はドアハンドルをちょっとご紹介。 まずは1階パウダー室とクローゼットのとって。値段が手ごろだったのとアンティーク調に仕上てあるブロンズがインテリアになじんだので。多分その他の扉もこれになると思う。

doorknobs.jpg


次は入口のポーチからリビングにつながるフレンチドアについていた古いとって。鍵穴などあって味がありますが、この扉のとっての反対側は無残にペンキで塗り固められているので、時間のある時?にペンキをはがし、オリジナルの美しさに戻してあげたいと思っています。

existingdoorknob.jpg


次はまだ購入しておりませんが、2階のマスターバスにと思っている硝子のとってです。写真では真鍮ですが、ニッケル仕上のものがほしいと思っています。硝子に弱いピギーです。これは結構高いのでマスターバスだけ。

doorknobnewbath.jpg


上記のものが購入できるアンティーク複製品を扱うHouse of Antique Hardwareというサイトがあります。見ているだけで楽しい。こんなゴージャスなのもあります。

glassdoorknob.jpg


一度除いて見てください。結構楽しめます。

HOUSE OF ANTIQUE HARDWARE





 

ぽちっとお願いします!

にほんブログ村 インテリアブログへ
スポンサーサイト

ハードウェア・フィクスチャアトラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。