--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

06.06

« house style »

igokochi.comでチェロさんのコメントでふと思いついたのが、アメリカ、得にノースイーストコーストの住宅様式でポピュラーのものを紹介してみようかなと思いました。チェロさん、実はブログの細かいところまでチェックしてくださっていたのですね~。感激です。そうです。ピギーのお家はダッチコロニアルです。ダッチコロニアルは一般的にコロニアルと呼ばれるタイプのものより庶民的な感じがすると思うのは私だけでしょうか?またあさみさんがおっしゃるようにアメリカといえども場所によって家のスタイルがことなります。昨今ニューヨークにもフロリダにあるような御家がたてられたりもしておりますが、、、

ちなみにこれが我が家のダッチコロニアル。オランダの風車小屋風ということでそう呼ばれるようになったという一説もあり。

piggyhome.jpg


その他細かくわけるとコロニアルにもジョージアンコロニアルとか、コロニアルリバイバルとかあってまた家によっては色々まざっているのもあって仕分けるのも結構難しかったり、、、

コロニアル調の家にはよくこんなポーチがあったりします。わがブロックにも一軒そんな御家があります。

housestyle1.jpg


コロニアルリバイバルです。こんなシンプルでカチッとした御家も結構あります。入り口が真ん中なので一般的にセンターホールコロニアルとも呼ばれております。シャッターのついた窓なども特徴のひとつです。

housestyle2.jpg


コロニアルファミリーの中にケープコッドスタイルというのがあります。普通のコロニアルの御家よりずっとシンプルで素朴です。サマーコテージなんてイメージでしょうか。

housestyle3.jpg


このあたりの家の2割ぐらいでしょうか?チューダースタイルの御家です。ピギーは最初このスタイルの御家をこの辺で探しもとめておりましたが、チューダー式の御家はコロニアル様式のものに比べると何故かお値段が高く、お手ごろなボロ家がみつかりませんでした。大きな家のほうがおおいし。でも内装とかとても味があるのです。吹き抜け天井もすてきだしね。暖炉なんかもとっても素敵。

housestyle4.jpg


housestyle5.jpg



あとはアメリカンフォースクエアなど。お名前の通り四角張ったシンプルな御家。比較的新しい。ちょっと味気ないかな?

housestyle6.jpg


最後はブルックリンやマンハッタン内で探しはじめたときに狙っていたブラウンストーン。これは手がでませんでした。何もしらずのこのこと不動産屋に向かいブラウンストーンはこのあたりでいくらぐらいでしょうか?売りに出てる物件はありますか?なんて聞いてみたら、1.5ミリオンぐらいからね。予算はいくらなの?とさらりとつき返された。あ~We are just looking...Thank youといって旦那と逃げてきたのであった。あ~身分しらずとはピギーのこと。でも高い天井、よだれがでるほど美しいもくのディテール、実は会社の同僚は奥様のお母様よりゆずりうけた美しいブラウンストーンにすんでいるのであった。彼も設計者なので大改装をし、歴史的建造物に認定されている素敵な御家にすんでいるのであった。

この雰囲気たまりませんよね~。かれの御家の写真ではありませんが、、

housestyle7.jpg


housestyle8.jpg


ぽちっと御願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ





スポンサーサイト

デザイン・建築トラックバック(0)  コメント(14) 

Next |  Back

comments

私もいろんな家のスタイル見るの大好き!!!サンディエゴは面白いことに何でもありです。圧倒的にStuccoで瓦の屋根が多いけど、コロニアルはもちろんビクトリアン、Tudor、バンガロー、などなど。コロニアルだけでもこんなにあるんですねぇ。今度サンディエゴのおうちの記事でも書こうかしら?そういえば、私のうちの外観載せたことありませんでした。ただ、うちはいわゆる新興住宅街で、全部同じ形だし新しいからCharacter全く無し。時々、『あ~、古いおうち買えばよかったぁ~』なんて思います。。。

あさみ:2006/09/16(土) 01:08:22 | URL | [編集]

うっ、うつくしー!!
ポストカード見てるみたい!!アメリカ旅行中も家の外観見てるだけで、ホント楽しかった!!日本は外観が致命的なんですよねー、これが。好き勝手たてっちゃったから・・・。
なんでこうなっちゃったんだろ?

クマ姉さん:2006/09/16(土) 01:09:05 | URL | [編集]

ダッチコロニアルの写真、ピギーさん家なの?!
いいなー。やっぱり本物はかっこいい!!
うちの理想はケープコッドスタイルのような家でし
たが、敷地の問題、制限などにより実現出来ません
でした。。。


dogwood:2006/09/16(土) 01:09:37 | URL | [編集]

うおー。いいなあ、この画像。
いろんなテイストのおうちが沢山!
ちなみに私も以前ここを建てる時に、チューダーっ
ぽいのが希望でした。ハーフティンバーっての?
でも高いよ!っていわれて却下。
ほかのログ(うちはログメーカーにて建てた家)な
んかよりも高いらしいです。
はあ、やっぱ外国の家は日本のものとは全然違う。
いいなー。土台からして違うんだものー。

Maki:2006/09/16(土) 01:10:15 | URL | [編集]

うわー!!素敵~。素敵~。piggyさんの家もすごくいい!!いいですね~。私はジョージアンスタイルが好きです♪
コロニアルっていろんなスタイルが混じっていてとても好きですが、アメリカの頃にある住宅って一言にいってもこんなに分類できるんですね~。勉強になります。

海辺に住むのが夢なので、ケープゴッドも憧れるな~。いいですね~。
いや~、楽しませていただきました!!

F:2006/09/16(土) 01:11:02 | URL | [編集]

頃にある→コロニアルです・・・・・。すみません。涙

F:2006/09/16(土) 01:11:27 | URL | [編集]

あさみさん
ぜひぜひサンディエゴの近辺の住宅状況のレポートしていただきたい。あさみさんちのあたりだとプエブローみたいなのとかあるのかしら?あさみさんなら内装のように外装もパーソナルタッチで素敵に変身。外装DIYものせてくださいね。すでにファルコン系のドアノッカーなどあるし~。ユニークですよとっても。

piggy:2006/09/16(土) 01:13:44 | URL | [編集]

クマ姉さん
実は我家の近辺も昨今不動産等のこうふつにより、古い家が壊され真四角な巨大な家がたくさんたってしまいました。地域をあげてそういう動きに反対しているのですが、なかなか難しいです。外観とか地域の雰囲気とか大切にしたいですよね。その点日本でも京都とかは比較的残っているほうなのでしょうか?そういえば旦那は日本にいったとき京都の町並、歴史的建造物の美しさに感動していました。新しいものも素敵だけど、古いものも大切にしたいですよね。

piggy:2006/09/16(土) 01:14:05 | URL | [編集]

dogwoodさん
ケープスタイル素敵ですよね。避暑地、海辺にある素敵なケープスタイルのおうち。バケーションホームにしたいですよね~。ピギーも一度ケープコッドにバケーションにいったのですが、このような御家がやはりたくさんありとても絵になっていました。Dogwoodさんのさわやかな内装のテイストはケープの御家にぴったしですよね~。あ~さわやかな風のふく海辺の家にバケーションしたくなってきた。

piggy:2006/09/16(土) 01:14:25 | URL | [編集]

Maki さん
チューダーいいですよね。大好きです。
きっと新しく建てるにはお金がかかりすぎてしまうのでしょう。我家のあたりでも新しくチューダーの御家をたてているのは見たことがありません。だから余計に既存にプレミアがついちゃうのかなあ。スレートの屋根、銅などのディテール、あのアーシーな色たまりませんよね~。よだれがでちゃいます。

piggy:2006/09/16(土) 01:14:45 | URL | [編集]

Fさん
よその御家を見歩くのって楽しくってやめられません。することないとふらっとお散歩で御宅拝見とか、車で高級住宅地拝見とかやってます。怪しい人と間違えられないようにしないとね~。海辺のケープ、さわやかな風の吹く窓辺に座り、読書なんて最高ですよね。あ~こうなると10件ぐらい家もちたくなっちゃいますよね。あのスタイルもこのスタイルも~やっぱ宝くじかなあ?

piggy:2006/09/16(土) 01:15:05 | URL | [編集]

やっぱりアメリカの家はすごいな!
日本でもこんな感じの家が時々建ってますが、周りからすっごく浮いてます(汗)・・・
やっぱり‘もちはもちや‘ですね

ぴよろー:2006/09/16(土) 01:15:35 | URL | [編集]

ダッチコロニアルスタイル、やっぱり東海岸にとても似合いますね~!
メンフィスにいたときは、とにかくド田舎なので、休みの楽しみといったら新築の建売のオープンハウスめぐりでした。
私の命名した「どりゃさハウス」意味も無く大きくてりっぱなお家をみて笑っていました。「こちらが隠し金庫となっておりま~す!ご覧ください!」って、来るお客さん皆に営業マンが説明していて・・・いいのか?いいのか???って思ったりしていました。
それにしても、きれいな写真のかずかず、建築スタイルの勉強になり、とっても楽しいです。私なら、このネタで3回はひっぱるところ、ピギーさん、とってもふとっぱら!
これからも、ときどきそちらの住宅情報教えてくださいね!居心地メンバー全員、車での高級住宅地めぐり大好きです!

Ivy:2006/09/16(土) 01:52:35 | URL | [編集]

ぴよろーさん
こちらでも結構ういている家あります。お金もうけ目当てで建てられている御家とかとにかく大きく、世帯数が入れば入るほどよいみたいな感じなのです。環境にうまくブレンドしているけどユニークのお家ってどの時代のものでも素敵であこがれます。難しいですよね。

ivyさん
ありがとうございます。メンフィスの町並みはどんな感じなのでしょうか?興味あります。隠し金庫の場所教えちゃうなんて、、くすっ。おかしい。ピギーは物事を探求することがにがて、全て浅くひろく、いけないと思いながらももりだくさんだけど浅いものになってしまいがちです。家の内装もくいちらかしの理由はそれだったりして、、、あきっぱいとこもたまに傷。
あっでも太っ腹ですよ。ほんとに。分かります?

piggy:2006/09/16(土) 01:54:38 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。