--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

05.25

« Mardi Gras »

Makiさんのサイトを見てMardi Graを思い出しました。カラフルな色やキッチーなネックレスを見て。詳しいことを書くとながくなるけど、。もともとは色々な異教徒の春の到来を祝うお祭りだったのを、1582年にローマ教皇がクリスチャンの祝日として定めたもの。キリスト教のお祝い事の多くはこうやって、異教徒の行事を別名で呼んだり、異教徒をキリスト教徒に勧誘しやすいように当てはめたりすることからはじまっている。キリスト教と異教の関係は今人気のDan BrownのDa Vinci CodeやAngels & Demonsなど読むと面白いかも。本の内容全部が事実ではないが、、マーディグラは聖灰水曜日(Ash Wednesday)の前で四句節(Lent)の最初の日。ニューオリンズにやってきたのは17世紀。祝いはプライベートな部分と公共の部分にわけられ、公共の部ではパレードが行われる。以下がパレードのフロート、パレードを見る子供達の写真です。詳しいことに興味のある方はwww.mardigras.comをご覧ください。
カラフルでマジカルなフロート達

mardigra1.jpg


mardigra2.jpg


mardigra3.jpg


パレードのフロートからはビーズのキッチーなネックレスが渡され、それを
観客が競って受け取る。受け取ったネックレスを首にかけ次のフロートを待つ子供達。かわい~よね。

mardigra4.jpg


mardigra5.jpg


ぽちっと宜しく御願いします。

にほんブログ村 インテリアブログへ



ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(3) 

    2006

04.20

« Dan Brown »

最近はまっている本というか著者がいる。ちょっとこちらでのブームには乗り遅れた私だが、Dan Brownの本。日本でも映画公開の為人気を呼んでいるか、いたはずだ。彼の書籍の中で一番有名なのはこちらで5月19日封切り予定の映画Davinci Codeだ。これはかなり面白かった。ノンフィクションなのだが、フィクションかと思わせるスタイルで書かれた内容は多くの子供達やキリスト教信者でないものたちなどがフィクションと間違えてしまう程である。私の義理息子も読んだのだが、旦那に、それは本当の話じゃないからな!と念を押されていた。キリスト教信者の彼らにとってはコントラバーシャルなトピックである。ジャンルとしては殺人ミステリー書庫なのだが、もっぱら宗教的な論争を呼んでいる。キリストは結婚もして、子供をもうけたというのだから。彼の本はその他3冊あるのだが、現在3冊目を呼んでいる最中だ。最後にあっと驚かせるのがと得意なスタイルで、徹夜して読んでしまいたいタイプの本だ。これらの本は同僚から借りているのだが、同僚いわくAngel and Demonが一番よいらしい。これは最後の楽しみにとDeception Pointを先ず読み、現在Digital Fortressを読んでいる最中だ。ちなみにDavinci CodeとAngel and Demonはともにキリスト教が題材になっているので一緒に読むべきだと思う。もともと本を余り読まないピギーはこれを期に英語の本も日本語の本ももそっと読まないとな~と思っております。近所には結構大規模な図書館があり、日本語の書庫等もあるようなので会社帰りにでもよってみようかなと思っております。

digitalfortress.jpg


deceptionpoint.jpg


davincicode.jpg


angelsdemons.jpg


楽天ブックストップページ

映画も見てみるかな?

davincicodemovie.jpg

ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

04.19

« ドクターズアポ »

昨日は毎年行っている健康診断の結果をききにいってきました。
ピギー、ドギーとも問題なしですが、ちょっとコレステロールが高めとのこと。アメリカ生活が長くなるとなかなか食生活のコントロールは難しい。とはいってももうちょっと改善しないとな。あとはやっぱり運動不足になりがち。最寄の地下鉄の駅からバスに乗って普段は帰宅しておりますが、そろそろ気候もよくなってきたので、歩こうかなと思っています。住宅ウオッチしながら30分程度歩いてかえるのは結構楽しい。車なんかだと目に止まらないものが歩いていると見つかる。そういえばご近所の家の前を通ったとき、おっなんか鮮やかな花が咲いているなと思ったら、、、、さすがアメリカというかなんというか、その御家の全面には偽物のお花が地面に無残にも突き刺されていたのである。遠くから見ると一瞬、アッお花満開ねともだまされるのだが、、、このお花たち今年の冬の雪のふる中も鮮やかな黄色やピンク、赤といった姿を見せてくれるのだろうか?今度写真でもとっておくるね。この国にきて15年以上たつがまだまだ驚かせてくれることが多々ある。話はとぶが、コレステロールが気になった我が家の晩御飯は鮭のフォイル焼きとほうれん草と玉ねぎの炒め物であった。いつもの鮭のフォイル焼きにはサワークリームソースがつくのだが、昨日のはとてもシンプルにレモン、塩コショウ、ディル、オリーブオイルといったものだった。ご飯も定番の玄米だ。玄米はなれると固めだが噛むと甘味があっておいしい。我が家のパンも全てWhole Wheatである。白いパンより味が深くておいしい。旦那のお母さんがパンを昔よく焼いていたそうなので、パン作りにも挑戦したいと思っているが、あれもこれもと中途半端な私であった。家の工事をしばらくお休みしていた旦那だが、昨日一階のトイレ工事に取り掛かった。まずは床を平らにするためにセメントを流し込み、その上に床材の下地をはったところまでたどりついた。今日は竹の床を張る予定だ。竹材はここ1、2年人気を呼んでいる。その他の木材に比べ成長が早いため、エコフレンドリーな材料と呼ばれ、値段も比較的安くて最近流行っていたアジア調のインテリアともあうため一般的な床材屋やホームセンターなどで購入ができるようになった。家のキッチンの床も竹材だ。木材は水周りには好まれないが竹はそういった点でも優れているとのこと。今週末は洗面台を探しに中華系のアンティークショップ?というよりは倉庫にいくつもりだ。丁度よい大きさのナイトテーブルでも見つかれば、それを改造して洗面台にしようと思っている。実は2階のトイレの洗面台も1920年台の家具をEbayで落札し、洗面台に改造した。後ほど写真をのせます。そんなこんなで我が家はホームセンター出来合いのものと手作りものが混在しているのでありました。

ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

04.18

« お腹の調子が、、、 »

HAPPY EASTER!
週末は予定していたクッキーをお母さんと作った。
が、、、アイシングはテレビやお店で見ていてもっと簡単だと思っていた私があさはかだった。できたものの写真はとったものの、3歳児が焼いたクッキーのようになったので、ここで紹介するのは遠慮することにした。お母さんと作りながら、ちょっとひどくなっちゃったわね。お母さんが、、、これ孫アシュレイ(8歳)とメイガン(3歳)がやったことにしようよ!(冗談だけどね~)でも昨日皆で食べたときはお母さんはピギーが作ったのよと皆にいっていた。おかんもしっかり主犯なのに~。よって今回はグロクなってしまったうさぎさんやひよこさんのクッキーはご紹介できません。戻って土曜日は予定通り墓石を購入しにいったのですが、朝ご飯にあたったのかゲロクなった私。おまけにへん頭痛まで襲ってきた。墓石店のトイレで失礼した私は全然墓石選択に関わることなく、御家に帰ってきたのであった。家に帰って全部吐いたらなおってしまった。やっぱ冷凍してた玄米かなあ?それ以外はドギーと同じものしか食べてない。でもやつのお腹は私よりず~っと丈夫だからな。旦那ドギーのお姉さまたちからあなたまさか!もちろん皆私が妊娠したと思い込んだらしい。残念ながらただの食中りのようだ。旦那のお姉さまたちのゴシップのネタとされてしまった。肝心な墓石だが、お母さん、お姉さん達の好みにより、ピンク色の石となったようだ。う~んやっぱ私は黒とか灰色とかオーソドックスなのでよいかな。ドギーも私に僕のは君が選んでねと2度も念をおしてきた。ピンクの石はちょっと旦那も苦手なようだ。鳩とお花の柄が掘り込まれた可愛い墓石となったようです。その後お母さんをつれてホームセンターにいきそこでバラの鉢などをかってお墓にお供えいたしました。ゲロクなっていた私は結局なにもイースターディナーに貢献せず終わりました。お姉さま方、お母さんがローストチキン、ローストポーク、マカロニチーズ、ラザニア、サラダ、ハムと定番のものを作ってくれました。げろかったわたしも夕方には復活し、ぱくぱくと御呼ばれしてきました。よってイースターディナーのお写真とか撮ろうと思ったのだけど取れませんでした。私の義理の姪っ子のこどもははるちゃんより2月ほど年上のアンジェリークちゃんですがバプタイズされました。とてもおとなしいベイビーです。かわゆいよ。ママとかダッダとか話はじめ、使い歩きなどしております。そんなにぎやかなディナーの中である事件がおきておりました。。。次回またおかきしますが、家族が大きいと色々なことが随時おこります。特に女の人の多い旦那の家族のなかでは色々なドラマがくりひろげられております。もっぱらピギーとドギーははらはらどきどきしてみているしかないのでした、、、

ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(1) 

    2006

04.08

« ボロ屋? »

exterior.jpg

夢のマイホーム?
そうそうボロ屋を去年買ったというお話を2,3日前の日記に書きましたが、、、
写真を見て、、、そんなボロじゃないじゃない!と思われるかもしれないが、、次回の改修前の内装をご覧になれば、、、
場所はクイーンズの韓国人の多くが住むフラッシングと言う町だ。おかげで日本食等も韓国スーパーなどで手に入りやすい。このお家は1920年台の後半に建てられたもので、アメリカでは一般的にダッチコロニアル(オランダ風コロニアル建築)と呼ばれている。が、、、理由はいろいろ調べてみたが、はっきりしていないようだ。オランダの風車小屋をまねてとか、、、あとはなんだったか忘れてしまった。(相変わらずいい加減な私
この通りは比較的静かだ。幼稚園が3間先にあるというとうるさいのでは、と聞かれるがお迎えつきの小さい子供達は中高生と違ってたむろったり、悪さをしようというものもいないので送迎ラッシュアワー以外は静かなものであります。お隣さんはおしゃべり好きなプラミングショップ(トイレ機器や、蛇口や、配管類)で働くジミー、専業主婦のヘレン、ジミーの娘のキムが住んでいる。彼らはとてもよい人たちである。驚いたのは雪の降る日そっとだんなと窓から外をのぞくとなんとジミーと娘が私たちの家の前の雪かきをしている。こんなご近所さんはめずらしい。(こちらでは歩道も自分の家の前の部分は家主の責任とされ、凍っていたり雪どけされておらず、人が転んで怪我をした場合など、家主が訴えられる。。。土地は政府のものなのに~)そこで私とだんなも負けずに2時間後ぐらいにジミーの家の前の雪かきを行った。これからジミー家とピギドギ家の雪かき合戦が、雪が降るたびに行われることになる。。。。あ~今日は雨。ピギーは本当に雨女。必ずお出かけの日には雨がふる。今日のカニ料理はあたりかはずれか?また報告します!

ピギーの思いつき日記トラックバック(0)  コメント(0) 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。